【新社屋竣工式】 代表挨拶 

 引っ越してきたばかりで、まだ事務所や倉庫が雑然としていること。

建物自体は完成したものの、舗装等の一部が未完成の部分があります。

 ㈱浦和通信は、電気通信工事を行う会社です。

当初は私が個人として、ケーブルテレビ会社のサービスであるテレビやインターネット、電話に不具合があったときに修理に伺う保守工事を始めました。

 徐々に仲間を集めて規模を拡大し、ケーブルテレビ以外の工事にも豊洲の新市場の電話線の敷設工事や、

東京電力の電力メーター交換工事、携帯電話基地局からの電波障害によるテレビの復旧工事を手掛けるようになりました。

 そして現在では、小学校、中学校、高校の各教室をインターネットで授業を行うことができるギガスクールの構築。

楽天基地局の建設工事を行っています。

 私自身の考えている経営理念は全ての利害関係者と良好な関係を作るということです。

例えば、従業員の過重労働によって利益を得る。脱税などで所得隠しをするようなことは考えていません。

何かの犠牲によって成り立つことを望みません。

私が目指していることは、例えば

  • お客様の要望に応えて信頼を勝ち取る。
  • 従業員の教育に時間とお金を惜しまず、能力をつけより稼げて豊かな暮らしができるようにする。
  • 近隣の住民の皆様と良好な関係を作る。
  • 国家や銀行、税理士、社労士など良好な関係を作る。

私は、このような考え方でこれからも経営を続けたいと考えています。

最後に両親に感謝の言葉を伝えたいと思います。

48年間私を見守っていただきありがとうございます。

私は30歳の時に離婚し、今は24歳になる子供と会えない状態にあります。

その子と年の近い若者が今当社で数多く働いています。

自分の子供を育てる気持ちで、建設業に必要な資格を数多く取らせ、実務経験を積ませ、社会人として必要な人格形成に力を入れたいと考えています。

その子たちが将来当社の主力になるか、別の会社で働くか、独立していくかは、私にとってはあまり興味がなく、彼ら若者がより良い人生を歩めるように手助けしていきたいと思います。

自由民主党所属 衆議院議員 田中 良正議員とパチリ。

植樹式

2021年4月5日

株式会社浦和通信

代表取締役社長 佐伯秀範

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

新社屋 移転のご挨拶

次の記事

猫びより(=^・^=)